若い頃はさほど好きだったわけでもなく、
興味があったわけでもないのですが、
年を経るごとに、和菓子がいいなと思うようになりました。

もちろん、ケーキも焼菓子も食べるんですが
やっぱ「あんこ」がいいなと
好みが変わってきたようです。

スーパーやコンビニでもまんじゅうなどは売っていますが
やっぱり、いろんな商品を見れるからお店にいくのがいい。
あんこひとつにとっても店の味があり、
店の思いがお菓子の形になっています。

洋菓子に比べ、華やかさがないような気がしていましたが
一口ふたくちくらいのわずかな大きさの中に
季節感を盛り込んでいますね。

洋菓子の華やかさはデコレーション。
美しさを付け加えていく、たし算のようなものですね。
和菓子にもいろいろあると思いますが
私がよく食べる素朴なものは、使用している素材も少なく、
引き算のような考え方かなと思います。

必要最小限のもので、味と美しさを表現する。
そんな風に和菓子を楽しむようになりました。
もちろん、おいしいことが大前提ですけどね(笑

今はインターネットやテレビなどの媒体で
地方の情報も知ることができるようになりました。
出かけたいと思うところを調べる時、
食事と甘いもののチェックは欠かせません。
その土地の人に長く愛されるお菓子には、ハズレがないような気がします。

地元でありながら、知らなかったものを
逆にテレビなどで紹介されて知るということもあります。
それを見つけたら即メモ。
近くに行ったら絶対いこう!いや、買いに行こう!
お菓子を買いに時間をかける、なんて贅沢な気がします。

忙しい生活の中にもホッとできる時間は持ちたいし、
そのために出かける時間を作れる余裕が欲しいと思いますね。