今週はバンクーバーオリンピックの
フィギュアスケートに染まっておりました。

ご存知のとおり、
今回のフィギュアスケートの日本代表は
男子の小塚崇彦選手、
女子の浅田真央選手、安藤美姫選手、鈴木明子選手と
愛知県出身者。
これは熱がはいってしまいます。

ジャンプが成功しますように。
転びませんように。
ハラハラドキドキしながら、テレビに釘付け。

これはまるで
我が子の活躍を見守る母親か親戚の気持ちではないかと
子供のいない身ではありますが
そんな気分でした。

キムヨナ選手の女王ともいえる
圧倒的な滑りはシロウトの私ですら
すばらしいと感じたものです。

しかし、フィギュアスケートの男女シングルともに
日本代表選手が入賞したというのも
すばらしいことです。

日本のフィギュアのレベルは高いのではないかと
私は、思っておりますよ。

私はスケートに縁がありませんが
中区大須のスケートリンクは
スケート選手がたくさん巣立っているところです。

子供たちを育てる環境、施設があることも
その土壌となっているのでしょうね。
ただの地元びいきではありますが…ね。
次の世代の子供たちの成長も楽しみです。