旅は、ごちそう。(中川賀代子)

戸田ゼミコラムのアーカイブです。このコラムはすでに連載を終了されています。

2012年09月

4ヶ月ほど前にやむをえず、スマートフォンの機種変更。
パソコン用のwebサイトをスマホ用に最適化する作業をしていたら
AndoroidはFlash見れますよ、と指摘され…すぐに機種変したのです。

その時のスマホ(Android)は、Flash非対応。
もちろんiPad/iPhoneも非対応。
え〜!?Flash見れるの!?と遅れていました。

※米Adobe社から、
Android 4.1よりFlash非対応、新規インストールは8月15日で終了という
ニュースがありましたね。

さて、今回は携帯電話の話。
携帯電話ショップの進めるままに機種変更した事もあって
毎月の料金が10,000円以上となりました。
通話が多い、少ないで変動しますが
もう少し基本の携帯電話代を減らしたい。
WiMAXのWiFiルーターも契約しているし…。

そこで、オンラインで
一番お金がかからないであろう料金プランに変更したところ
これまでの割引サービスが使えなくなりました。

対象の料金プランを2年間契約すれば
携帯電話の端末代をサービスしますよというものだったらしいです。

残り30,000円以上あるので、
そのサービスの対象のものに変更できるか、
もとの料金プランに戻せるか、問い合わせてみたら
自分で変更したのだから、もうそのサービスは使えません。
今後は端末代を支払ってください。ということでした。

あ〜そうなんですね。
そっか。仕方がないですね。。。

自分の判断でオンラインでプラン変更するのはやめたほうがいいですね。
やはり、ショップで変更する、アドバイスをもらうことが
損がないかと思います。
それは痛感しました。

いろいろ情報収集をして、
具体的に自分の希望するプランをスタッフに伝えて
プラン変更をするほうがいいですね。

でも一番安いプランに変更したおかげで
通話料は別にして、端末代の分割払い含め3500円ほど。
WiFi接続のみでこれだけになるのですね。

どうしても3G接続しなくてはいけない設定もあったけど
3G接続料は数円也。
かなり節約できました。

でも…なんだか、このキャリア(携帯電話会社)への愛着とか、
この会社にこだわる理由がなくなってきました。
魅力的な機種とか、使い勝手とかも見当たらないし…。
わがままですね。

基本使用料の割引サービスも9月で契約満了。
契約満了月の翌月、私の場合10月でしたら、
解約金9,975円がかからない。
ちょうどiPhone5も発売されたことだし…。

せっかく節約できた携帯電話料金も
iPhoneにすることで、元に戻りそうです。
しかし、もったいないという気持ちがないのは
iPhoneの魅力なのでしょうね。

昔はバカチョン、
初めてのデジカメも
コンパクトデジタルカメラです。

カメラまかせに撮ってきていたせいか
デジタル一眼レフカメラの設定が
とても難しく感じます。

専門用語もありますが
撮影する条件を把握して、
自分が撮りたいと思う写真を撮るためには
そう簡単にいかないものだと痛感しています。

なかなかうまくいかないから
もっぱらオート機能にすがっています。
写真の基礎の前に、カメラの基礎を学ばないと…
という気持ちです。

私もこんな写真を撮りたい!
そんな願望があって、
それに少しでも近づけられるよう
今はそんな気持ちだけですが…

「カメラの取扱説明書を
ボロボロになるまで、読みなさい。」
そんな言葉をネットで見かけました。

そうですね。
取説読まずに、なんとなく使っているでは
使わない機能もでてくるし、
なんとなく撮影した写真しか撮れないもの。
普段、取説を読まない私は
まずはそこからスタートかもしれません。

フィルムカメラと違って
現像にお金はかかりませんしね。

理屈より慣れろ、ですが
慣れて理解しろが、私の課題ですね。

↑このページのトップヘ