旅は、ごちそう。(中川賀代子)

戸田ゼミコラムのアーカイブです。このコラムはすでに連載を終了されています。

2009年12月

お世話になった方に
こちらの特産をと思って
昨日は立田村へ蓮根を買いにいきました。

正確にいうと
現在は愛知県愛西市。
岐阜県と接し、
木曽三川と呼ばれる木曽川、長良川、揖斐川が近くを流れる
海抜0m地帯の地域です。

お墓参りは、こちらの蓮根畑を通っていきます。
夏、大きな葉っぱが一面に広がり、
美しい蓮の花を見るのは、
私の好きな光景でもあります。

子供の頃は、
胸まで泥の畑に浸かって
蓮根を掘っている農家の人々を見ていました。
現在は、大きな重機が活躍しております。

年末になると母親が蓮根をお歳暮として贈っておりました。
結構身近にある蓮根なのですが
北海道の方には好評だったようです。
そんな事を覚えていたので
あまりスーパーで見られない
節が繋がっている長いものを求めました。

購入するまでが驚きです。
すぐに買えるだろうとたかを括っておりましたが
朝9時半頃に農協に訪れた時は
すでに多くの人が箱入り蓮根を何箱も抱えて
レジ待ちしております。

箱入り蓮根売り場には、数箱のみ・・・
私が買いたい長い箱入り蓮根はもうありません。
小さめの箱は、蓮根も細いし、節も短い。
いったんあきらめて、自宅用の野菜を購入。
車に戻ろうとしたら、ぞくぞくと箱入り蓮根入荷!
いそいそと売り場へ戻りました。

5kg入りの箱を
いくつも買われて宅配する人、人、人。
やっぱり産地です。
蓮根を贈る人はたくさんいます。。。

普通になにげなく食べている野菜ですが
産地の近くに住むということを
あらためて感じると
また違った意味でおいしく感じそうです。

そして、蓮根好きでよかったと
家用に買った大きな一節を見て
満足しておりました。

ウォーキングブームなのか
年始が近いからなのか
不景気だからなのか
七福神巡りというチラシがありました。

七福神って
福をもたらす七人の神様で
縁起物のモチーフになっている
…程度の知識しかありません。

七福神巡りという信仰があることも
実は知りませんでした。

インターネットで検索してみると
縁起物だからなのか
たくさんの七福神サイトがありました。

七福神巡りは一般に正月行事。
御朱印を望むのなら、
基本的には松の内(1/1〜1/7)に行く必要があるのだとか。
つい最近、御朱印帳を購入したばかりですから
御朱印は必須です。

そしてなんと
全国には400ヶ所ほど
七福神があるのだとか。

ひとつのお寺に
七人の神様が祀られているわけではないので
七福神メグラーは
本当にたくさんの寺院を巡っているわけですね。

せっかく知った七福神巡り。
愛知県はどうだと調べてみると…
県内だけで、15の七福神巡りがあります・・・
一度にこんなに御参りできません・・・

この数だけみていても
七福神というのは、
いかに庶民に親しまれている神様か
わかりますね。

開運、御利益を求めて
来年は七福神巡りをしてみましょうか。
まずはなごや七福神ですね。

ちなみに、以下のリストが
なごや七福神の構成寺社だそうです。

恵比寿さま      笠覆寺(笠寺観音)
大黒天さま     宝珠院
毘沙門天さま     福生院
弁財天さま     弁天寺
布袋尊さま     宝生院(大須観音)
寿老人さま     興正寺
福禄寿さま     万福院

フクロウをテーマに絵や造形をしている方の
お手伝いをしているせいか、
フクロウとか、フクロウグッズに目がいきます。

そういえば、昔から使っている
爪楊枝入れはフクロウ。
鉄製の印鑑ケースのフタはフクロウ模様。
実は我が家には、いくつか「フクロウもの」があったのですね。
いかに興味が向いていなかったのか
おわかりになりますね(笑

今日出掛けたところは
静岡県と長野県に近いほうの三河地方。
山と川の地域です。

ふとはいったドライブインには
フクロウグッズや、フクロウモチーフのお菓子がいっぱい。
やっぱり山だから、フクロウなのかなぁと思っていたら、
愛知県の県の鳥は「コノハズク」って
フクロウじゃないですか。

小学生の時に覚えたはずの県の鳥。
すっかり忘れておりました。
そうそう、ブッポーソーと鳴く(聞こえる)そうなのですが
ブッポウソウという鳥は、ブッポーソーと鳴かず、
コノハズクがブッポウソーだ。
ということも聞いたことがあったのに。。。

私の知識の引き出しは
頭の中にある押し入れの奥のほうにしまい忘れてしまったかのようです。
あ〜情けない。

もう今度は忘れないぞっていうのと
ちょっとかわいい包装紙だったから
仏法僧饅頭買ってきました。
フクロウのカタチの人形焼です。

仏・法・僧は三つの宝なんだとか。
フクロウも福来朗、不苦労などと云われて
縁起物としても好まれているし。
愛知県の鳥って、すごいのね、なんて。
なんだか深いなぁ。

フクロウ…かなり気になってきてますよ。

もう12月ですね。
年が過ぎていくのも早いもの。
クリスマスなどのイベント事は
早め早めに展開されるので
11月あたりから街はクリスマス仕様。

温暖化の影響なのか、
名古屋では、まだまだ公孫樹の葉っぱも
緑がかっているものもあるのに
クリスマスとお年始グッズが一緒に売られています。

なんだか忙しさを感じてしまって
昔ってもっと季節とか行事とかって
ゆっくりと訪れていたような気がしています。

子供の頃って、公孫樹の葉が黄色くなって落葉するのも
11月とかの秋のイメージでした。
12月に色づいていたかなぁと毎年思っています。

昨晩、忘年会の帰り道に
名古屋のメインストリートである(だろう)広小路を通りました。
キラキラと華やかな電飾がきれいに街を演出しています。
あ〜クリスマスだなぁ、年末だなぁと
今更っていう事をあらためて感じました。

今はLEDの電飾のようで
栄の街は白いイルミネーションがキラキラ。
でもなんとなく、昔の黄色い電球のイルミネーションのほうが
温かさも感じるし、いい雰囲気に感じるのですが…。
こういう所にも時代の変化が表れているのですね。

子供のいない我が家では
クリスマスだからといって飾ることもなく
外食することもなく、
普段と同じ生活で師走を過ごします。

ただ、年末は奮発していい牛肉を買ってすき焼をする!
のが、ここ数年のお決まり。
普段は鶏肉、豚肉メインですから
ホントに年末だけの贅沢なのです。
1カットずつの小さなケーキで
クリスマスの雰囲気を味わいます。

1〜2回そうやって街のイルミネーションを見て
クリスマスとかを感じている我が家。
かなりのエコ生活のような気がします(笑)

↑このページのトップヘ