旅は、ごちそう。(中川賀代子)

戸田ゼミコラムのアーカイブです。このコラムはすでに連載を終了されています。

2009年03月

こちらでも何度か書いていますが
私は、パンが大好き♪
毎食パンでもいいくらい…っていうのは大げさかな?

スーパーなどで大手製パン企業の
菓子パンも買ったりしますが
どちらかというと、ハードなタイプが好き。
で、穀物の香りや甘さがあると惚れてしまう…。

初めて訪れるお店では
バゲットとクロワッサンを必ず購入します。
私の好みの基準が
そこに確定的になってきました。

クロワッサンは相方が好きなので
気にして食べるようになったのですが
これもまた店によって様々。
焼き具合、折込みの層、香りなど
私の好みも見えてきました。

パンって不思議なもので
店にはいった瞬間、おいしそうって
雰囲気やパンの顔で
感じちゃったりすることがあるんですね。

時々、店にはいったはいいけど
食べたいものがない…って時は困ります。
ここで何も買わずにでることができないので
あんパン買ったりして…。

あんパンで思いだしたのですが、
以前は、あんパンも初めてのお店で買うもののひとつでした。
あれもこれもとなると
パンを買う回数が多いので
お財布がたいへん厳しくなってきます。
シンプルなものが好きなせいか、
だんだん、初めてのお店で買うパンは厳選されていったのです。

でもこのリスト、年とともにまた変わるかもしれません。
私の好みもどんどん変わっていますし、
これは、あくまでもお店を知る基準ですからね。
来年、違うリストでコラムを書いていても
指摘せず、さらっと流してくださいね。

だんだんと温かくなってきて
私のおでかけ欲がムクムクと大きくなってきました。

カタクリの花の群生で有名な岐阜県可児市の鳩吹山。
昨年出会った静岡県浜松市の姫街道の大きな桜の木。
アートの島・佐久島散策。
今のところ、この3つ。

カタクリの群生は見た事がないし、
ここ数年花の時期を逃しているので
今年は見れるといいなと思っています。

姫街道の桜の木は
普通に山道沿いの畑の横に立っている1本の桜。
あまりにも普通の木ですけど
満開の桜を見た時の感動が忘れられません。
あの花を愛でながら、おいしいコーヒー飲みたい。

佐久島は愛知県の一色港から船で行く三河湾最大の島。
高齢化と過疎化が問題となっており、
島の持つ自然や伝統とアートとの出会いを
地域活性化のプロジェクトとして活動しているそうです。
香川県の直島のようなプロジェクトと似ていると思いますが
地元で近いということもありますし、
島好きですから、一度は行っておかないとと思っているのです。

花を見にいくものは自然相手なので
でかけるタイミングが難しいですね。
花の盛りもそうですが、私の仕事の具合も関係してきます。

前もってある程度スケジュールたてておきたいものですが
今年はご縁があったね、ご縁がなかったのでまた来年…
と、そんなゆる〜い感想で、なりゆきまかせのプランが多いのです。

さぁて
今年はどこに行けるか、そして何に出会えるか、
ワクワクしてきました。

最近、同業者と話すとたいていは
仕事の愚痴が多くなってしまいます。

金額、納期ともにかなりシビアになって
忙しいけど儲からない。
仕事があるだけありがたい、と。

もっとwebに力を入れたい
ショッピングサイトを別モールに出店したい
そんなお声をかけていただいて
内心ホッとしている自分です。

私一人での個人経営。
どうしても営業力が弱いのです。
でも、キャパシティオーバーになってしまっては
お客様に迷惑がかかってしまう。。。

ひとつひとつ永いおつきあいを目指すしかありません。

独立当初は
センスを問われる仕事なので
5年後、この仕事ができているかどうか…
なんて不安もありました。

先月確定申告を終え、昨年の帳簿類を整理して、
押し入れにしまうと
経理の書類保存箱が5箱並びました。
5年たったんだなあ、なんて感慨にふけっておりました。

デザインセンスがないとやっていけない。
…それはそうなのですが、
それだけではないような気がしてきました。

年齢を重ねるとともに経験も積んできて、
それが役立つと感じることもあります。

だんだんと目も弱くなっているのか、
webサイトの文字も大きくなっています(笑

年をとったらとったで
私の生きる道もあるかも…

これからはアライソ(around 50(五十路))をターゲットとした仕事をすればいいじゃん!
なんて…
名古屋の栄にある大きな大きなミモザの木を発見したり
おいしいベーグルを食べたり
結構単純な事で気分よくなって前向きになっている。

そんな考え方もいい方向に向っていけたらいいなと
期待を持ちつつ、仕事に追われる毎日です。

インターネットとはありがたいもので
探しものには欠かせなくなりました。
そしていろんな人のブログを読む事が
日課になっています。

旅に出掛ける時とかは
その地方に住んでいる方のブログが
ガイドブックがわりにもなっています。

私がいつも読んでいるのは
やはり食べ物系と、
名古屋を中心とした喫茶・カフェ系ブログ。

新店情報もあり、
個人判断ですがおいしい店ランキングもあり。
新たな情報源となっています。

シロウトさんでも
とてもきれいに撮影されいるし、
読んでいて楽しい。
大好きなパンのことも
いっぱいいっぱい読むことができます。

そんな毎日読んでいる好きなブログが本になったりしています。
人気ブログの書籍化は
固定ファンも見込めるのかもしれませんね。
実際に私も購入しています。

地元の雑誌に記事を書いたりしている方もいて
そういうのを見ると
ブログが新たな道を作っているのかと思います。

最近はオリジナルのホームページは持たず、
無料レンタルのブログをホームページとして
運用している個人店もあるようですね。
ドメインの取得、自社サイトはあったほうがいいと思いますが
いろいろな考えもあるので
それはそれでいいのかもしれない…ですけどね。

ブログを(戦略として)上手に使うために…なんて考えてしまう。
webを生業とする立場と、読者という立場で
やっぱり違う目で見ているようです。

正式には、千代保稲荷神社というそうです。
子供の頃から「おちょぼさん」と呼んでいました。
今まであまりにも身近すぎて
こちらのコラムのネタにしていなかったようです。

商売繁盛の神様で、毎月月末とか朔日にお参りする、と
親から聞いていました。
だから時々今もお参りしています。
景気の悪いこのご時世、
やっぱり神頼みでしょうか。

小さなお稲荷さんだと思います。
でも月末、月初めなどは
お正月の初詣のような人出なんです。

社殿の入口近くで手水を使い、
三角形の油揚げと蝋燭を買ってお参りします。
お稲荷さんだから油揚げかと思いますが
その謂われは、よく知らないのですよねぇ。
そういうものだと思ってお参りしています。

子供の頃、親に一緒に連れていってもらっての楽しみは
参道を歩きながら、いろんな店を見ること。
特に串カツやどて煮を食べるのは
本当に楽しみでした。

店先で揚げている串カツを
立ったまま食べて、
食べた本数で精算する、形です。

串カツを揚げる鍋の隣には
どて串がぐつぐつと煮た鍋があって
串カツをどての鍋の味噌をつけて食べる
味噌串カツがまたおいしいのです。

今ではこの串カツが名物となって
門前の参道にはたくさん串カツ屋さんが増えました。

あいにくカツを揚げる脂の匂いで
胸がいっぱいになることのほうが多くなって
今はもっぱら甘味のほうです。

よもぎの葉がはいった草餅、
前回は一時間も待った鯛焼きなどなど。

どこも参道歩きの楽しみって食べ物でしょうかね。

そして今日もお参りしてきたのでした。

↑このページのトップヘ